【二十四節気】小寒~「緊張感」を学び、リスク回避をすると良い時期~

1月6日から20日頃は、
二十四節気(にじゅうしせっき)で「小寒」(しょうかん)と言われるシーズンです。
日本においては
多くの場所で、最も冬らしい時期に入ります。

私の住む、標高1,100mの山岳地域でも
12月より雪の日が多くなります。

冷たい風が、わかりやすく吹く季節です。

この冷たさから学べるのは
「緊張感」。

今一度、気持ちを引き締め
すべきことを
すべきときにすることを、自分に言い聞かせるのも良いかもしれません。

タイミングの大切さ。
早めに行動することの大切さを学べます時期ではないでしょうか。

でも、実はまだ序の口(?)。
次には「大寒」(たいかん)。

もっと寒さを感じるときが
やってきます。

それも含め、早めに
タイミングよく動くべき時期かもしれません。

オラクルメッセンジャー
スピリチュアルワーカー
占い師
ゆみりん

関連記事一覧